FFXI/ソロプレイ

サンドランク9

サンドミッション8-2「聖剣探索」
概要 : ウガレピでドールNM2体を倒せ。

c0010809_1595758.jpg


ということで、大分ご無沙汰しているサンドミッションでございます。
ずーっとずーっとずーーーーっと8-2で止まってたんですよね・・・

このミッション、

「ウガレピ奥の方でドールNM(Nio-AとNio-Hum)を倒せ」

という単純明快な内容なんですが、なにぶん敵の強さが強さ(65の2PTで安定)なのでちょっとソロチャレンジを躊躇してたんですよね。
しかし、なんでもコレって2体倒す必要はなくAだけ倒せばいいそうな。その上頭が悪くてグラバイでちょっと距離離すとすぐにタゲが切れる=簡単に1vs1に持ち込めるらしく。

これはソロでやれんだろ!と勢い良くウガレピにインしてきましたお!

c0010809_273839.gif


ロボNMがうろついてる所から高僧のカギを使ってこのエリアへ。
私の場合はカギを取るのが面倒で、扉の奥にいるツボを呼び寄せようとバ系連発してたところ突如リポップしたNMと呼び寄せられたツボの1vs2になったので、ロボのポップには注意しましょうって話です。アレ弱体が一切入らねえのな・・・

で、調べると沸くのはAの扉。
9~8ラインにはトンベリとツボが多数いて素の状態だと結構な確率で絡まれる(タイミングよく行けばいいけど、NM引っ張ってる状態だとあまり余裕がない)ため、扉の前(10ライン)をある程度掃除した後は

c0010809_283322.jpg


連続魔発動して扉を調べ

c0010809_285928.jpg


Humにグラバイ、Aにグラビデして距離を離し、遁甲使ってつかずはなれずの距離を維持しながらAの方をポイントBへ誘導でOKです。


なお、注意深い方なら上記のSSで曜日が違う事にお気づきかと思いますが
これは1回目が失敗して(距離離しすぎてAの方もタゲが切れた)しまった為に2回挑んだからでございます。いやー、あんなあっさり切れると思わなかったよ・・・

ポイントB周辺には敵がおらず、H-6へ続く通路にドールが1匹いるだけなので、ここまで持ってこれりゃあ後は気楽なもんです。
インビジ見破りなので、仮に途中で立ち止まったとしてもインビジかかったまま視界に入ればまた追尾開始してくれるので問題なし。サクっと誘導しちゃいましょう。


c0010809_213444.jpg


アホな事にワーロックシャポーを忘れて蝉回しがキツかった為(あっても楽だったかどうか分からんけど)途中からはジュワ+ホネニではなくジュワ+玄武でやっておりました。
だいたい、この階段を上下に登るようにしてやれば問題なし。DAとか来て蝉が回らなくなった場合はバインド入れて離れましょう。


途中


c0010809_2203860.jpg



Fire Elementalは、ファイガIIを唱えた。
Quantumは、空蝉の効果が切れた。
Nio-Aは、なんか追加効果:睡眠のWSの構え。



という思わぬ事態になってですね、HP100とかになったりもしたんですが
エレを寝かせながらポイズンバイオで徐々に削って撃破いたしました('Д')イエー

どうも階段付近にはエレが沸く(火エレは確定、水エレも?)ようなので、天候には十分注意しましょう・・・起きて即ガとか来るから地味に辛かったヽ(;´Д`)ノ

c0010809_234657.jpg


経験的には強めのおなつよ~つよくらいなんですかねえ。
フェンサーリング発動しててもエンの追加ダメージが殆ど通らんのでやたら時間がかかってしまいましたよ。え?HPが赤い?べ、別に苦戦したわけじゃないわよ!こんなの1人で十分なんだから!



c0010809_2225394.jpg


おいィ?お前それで良いのか?

c0010809_2231923.jpg

c0010809_2235312.jpg


行った意味ねーじゃんナメてんのジジイ?はい、ということで国に帰って報告したらサンドランク9です!いやー昇進できてよかったよかった(*´∀`)
9-1の厚き壁もソロでいけるっぽいのですが、古墳通ったりして面倒だし9-1、9-2と連続で叫んだほうが人も集まりそうなので今度はPTで行ってみようと思います。

最終BCでトリオン様と一緒に「烈火の如し!」とか叫べたらもうそれだけで脳汁じゅるじゅるですな!ハアハア
[PR]
by Atrandom44 | 2007-06-26 02:25 | FFXI/ソロプレイ

Ship3 / Quantum


by Atrandom44
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30