日常/雑記

入院したよ!(挨拶)

翌日退院したよ!







■9月
スゲー腹が痛くなって急遽病院へ。

「たぶん盲腸ですね」

「えっ」

「たぶんですけど」

「どうするんですか」

「手術しましょう!」

「えっ」


「(*゚∀゚)手術!手術!」

「オペ!オペ!(゚∀゚*)」

※BGM:アーアーデンデン

「(*゚∀゚)入院!入院!」

「切除!切除!(゚∀゚*)」




「あの、あの、手術とかこわいし薬で何とかして下さい」

「(゚д゚)」



「(゚д゚)次来たら手術だからな」

「はい……」


それからしばらく「飯を食うとすぐ胃が痛くなる」状況が続いていたものの、いつの間にか完治。

完治したと思い、油断していた。


■先週
スゲー腹が痛くなって急遽病院へ。
痛みの性質的にも9月のソレに酷似。


「たすけてくだしあ;;」

「色々検査しますね」

「はい」

「採血と点滴しますね」

「はい」

「レントゲンとCTとエコーやりますね」

「はい」



「胆嚢か胃潰瘍かもしれません」

「盲腸は?」

「盲腸じゃないですね」

(んだよクソ!ビビらせやがって!)



「じゃあ、胃潰瘍なんですか?」

「胃潰瘍かな?」

「胆嚢なんですか?」

「胆嚢かな?」


「どっちなんですか?」

「どっちかな?」





で、原因が分からぬまま1日入院し、絶食し、絶飲し、空腹でフラフラのまま点滴で生き長らえ、血を抜かれ、針をブスブス刺され、ケータイで見るニンジャスレイヤーだけを楽しみに耐え抜き、結局原因が分からぬまま帰ってきた。



何が言いたいのかというと腕に針が刺さっていない生活は良い。実にいい。
入院生活、点滴経験が無い人は一度考えてみてほしい。少しでも動く度に点滴の管が揺れ、満足に寝返りも打てず、時折血液が点滴の管に逆流し、朝ごはんのメニューを決めるかのような気軽さで「ちょっと採血しますねー^^」と腕に針をブスブス刺されるような、そんな生活を!

そういった生活が好きでたまらないという人もいるかもしれないがそんなのは俺は嫌だ。入院は嫌だ。針は嫌だ。もう入院はしたくない。
にも関わらず未だに腹痛の原因が何なのかよく分からないというのが、非常に、非常に、恐ろしい。


「どっちなんですか?」
「どっちかな?」



洒落抜きにマジでこの状況なのである。
どうしようもない。
来週改めて検査して貰うけど、それもどうなるかなー。

もともとTwitterにかまけて更新停滞気味の本Blogですが、ある日突然病院からの更新になるかもしれません。
その時は本Blog読者の皆様に少しでも、少しでも入院生活の雰囲気が伝わるよう、採血の瞬間をドアップで撮影して本ブログに掲載したいと思います。お楽しみに!お楽しみに!





もう病院行きたくないなあ……(つ-`)
[PR]
by Atrandom44 | 2011-11-18 00:04 | 日常/雑記

Ship3 / Quantum


by Atrandom44
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30